【2023年最新】BNPパリバ・ポーランド・オープンのドロー表・放送日程

2023-06-23更新
1,294
監修
ゴンちゃん
テニスベア・アンバサダー
慶應義塾大学ではレギュラー2番手として、全日本学生テニス選手権大会や全日本大学対抗テニス王座決定試合で活躍。卒業後はYouTuberとして活躍し一躍有名に。2020年12月よりテニスベア・アンバサダーとしてテニスベアに参画。

WTA250の大会であるBNPパリバ・ポーランド・オープンのドロー表、開催日程(大会スケジュール)と放送予定、開催地/会場、開催時期、サーフェス、獲得ポイント/賞金、歴代優勝者、そして名場面をご紹介します。

BNPパリバ・ポーランド・オープン2023のドロー表

coming soon!

BNPパリバ・ポーランド・オープン2023の開催日程(大会スケジュール)と放送予定

2023年は7月24日(月)〜7月30日(日)に開催が予定されています。

BNPパリバ・ポーランド・オープンとは

BNPパリバ・ポーランド・オープンは、2021年から開催がスタートした新しい大会です。

ポーランドの中では最大のテニスイベントであり、国内外から多くの選手が参加しています。第1回(2021年)はグディニャで開催されましたが、第2回(2022年)以降はポーランドの首都ワルシャワで開催されています。

開催地 ワルシャワ(ポーランド)
会場 レギア・テニスセンター
開催時期 7月下旬
サーフェス ハード
獲得ポイント 280ポイント
獲得賞金

総額259,303ドル(2023年)

ドロー数 シングルス:32ドロー、ダブルス:16ドロー
公式サイト https://bnpparibaspolandopen.pl/

BNPパリバ・ポーランド・オープンの開催地/会場

ワルシャワ

ワルシャワはポーランドの首都であり、国の中央あたりに位置しています。

第二次世界大戦中には悲惨な戦場となった歴史がありますが、市民たちの努力によってそのような過去を感じさせないほどの見事な復興を成し遂げ、旧市街は世界遺産に登録されました。

音楽家ショパンの生まれ故郷ということもあり、ワルシャワは音楽の街としても知られています。街中にはショパンゆかりの見どころが点在しており、ショパンの名曲が流れるベンチで休憩できるスポットもあるようです。

またワルシャワは、日本からの直行便就航、物価の安さ、治安の良さの面などから気軽に旅行しやすい場所です。特に物価については他のヨーロッバ諸国より安く、日本と比べても半分ほどであるため、リーズナブルに食事や宿泊を楽しむことができそうです。

レギア・テニスセンター

(公式サイトより)※2023年以降はハードコートへ改修予定。

BNPパリバ・ポーランド・オープンの会場であるレギア・テニスセンターは、サッカーやゴルフなどもできるスポーツ複合施設の一部です。テニスセクションは1923年に創立されました。

創立以来レギア・テニスセンターはクレーコートでしたが、2023年3月よりスタジアムコートと他4面のサイドコートのサーフェスの改修工事を始めています。BNPパリバ・ポーランド・オープンが開催される7月には改修工事を終え、現在全米オープンでも使用されているレイコールドというハードコートに生まれ変わる予定です。スタジアムコートには、4,000人を収容できる観客席がついています。

ワルシャワ市内はトラム、メトロ、バスが主な公共交通機関となっており、各都市や空港から会場へはこれらを使うことで比較的容易にアクセスすることができます。

BNPパリバ・ポーランド・オープンの開催時期

BNPパリバ・ポーランド・オープンは例年、7月下旬に開催されます。

BNPパリバ・ポーランド・オープンのサーフェス

BNPパリバ・ポーランド・オープンのサーフェスは、ハードコートです。

BNPパリバ・ポーランド・オープンの獲得ポイント/獲得賞金

BNPパリバ・ポーランド・オープンで、優勝者・準優勝者が獲得できるポイントと賞金をご紹介します。

WTA250

WTAツアーの中で、BNPパリバ・ポーランド・オープンは、WTA250の大会に含まれます。優勝者には280ポイント、準優勝者には180ポイントが付与されます。また、2022年大会での賞金は、優勝者が33,200ドル、準優勝者が19,750ドルでした。

WTAはもともと

  • 「プレミア・マンダトリー」(獲得ポイント1000)
  • 「プレミア5」(獲得ポイント900)
  • 「プレミア」(獲得ポイント470)
  • 「インターナショナル」(獲得ポイント280)

に分かれていましが、2021年より男子のATPツアーの呼称に合わせる形で

  • 「プレミア・マンダトリー」と「プレミア5」は「WTA1000」へ
  • 「プレミア」は「WTA500」へ
  • 「インターナショナル」は「WTA250」へ

と名称が変更されました。

BNPパリバ・ポーランド・オープンのシングルス歴代優勝者

BNPパリバ・ポーランド・オープンの、過去の優勝者をご紹介します。

  • 2022年-キャロライン・ガルシア
  • 2021年-マリナ・ザネフスカ

BNPパリバ・ポーランド・オープンの名場面

BNPパリバ・ポーランド・オープンの名場面として、開催年である2021年に行なわれたチャリティマッチをご紹介します。

対戦したのは、どちらもポーランドを代表する選手であるイガ・シフィオンテクとホベルト・ホルカシュです。WTAのチャリティマッチということもあり、観客からイガコールが沸いた場面もありました。終始にぎやかな会場の中、両選手はにこやかにタイブレークを行ないました。

テニスベアアプリなら空きコートや練習会が楽々探せる!
アプリなら空きコート情報検索だけでなく、コート予約や大会や練習イベントに簡単に参加できます!いますぐアプリをダウンロードしよう!
カテゴリー
人気の記事
新着記事