【2023年最新】ゼネラリ・オープン(オーストリア・オープン)のドロー表・放送日程

2023-05-30更新
1,853
監修
ゴンちゃん
テニスベア・アンバサダー
慶應義塾大学ではレギュラー2番手として、全日本学生テニス選手権大会や全日本大学対抗テニス王座決定試合で活躍。卒業後はYouTuberとして活躍し一躍有名に。2020年12月よりテニスベア・アンバサダーとしてテニスベアに参画。

ATP250の大会であるゼネラリ・オープン(オーストリア・オープン)のドロー表、開催日程(大会スケジュール)と放送予定、開催地/会場、開催時期、サーフェス、獲得ポイント/賞金、歴代優勝者、そして名場面をご紹介します。

ゼネラリ・オープン(オーストリア・オープン)2023のドロー表

coming soon!

ゼネラリ・オープン(オーストリア・オープン)2023の開催日程(大会スケジュール)と放送予定

2023年は7月31日(月)~8月5日(土)に開催が予定されています。

ゼネラリ・オープン(オーストリア・オープン)とは

ゼネラリ・オープン(オーストリア・オープン)開催の起源は、1904年にまで遡ります。大会名を変えながらキッツビュールでの大会は引き継がれていき、ATP250ツアーの一部となった現在、ゼネラリ・オープン(オーストリア・オープン)は、オーストリアで開催されるクレーコート大会の最高峰として位置付けられています。

2015年以降、冠スポンサーは世界的な保険会社であるゼネラリが務めています。

開催地 キッツビュール(オーストリア)
会場 キッツビュール・テニス・スタジアム
開催時期 8月上旬
サーフェス クレー
獲得ポイント 250ポイント
獲得賞金 総額562,815ユーロ(2023年)
ドロー数 シングルス:28ドロー、ダブルス:16ドロー
公式サイト https://www.generaliopen.com/

ゼネラリ・オープン(オーストリア・オープン)の開催地/会場

キッツビュール

(公式サイトより)

ゼネラリ・オープン(オーストリア・オープン)はキッツビュールで開催されます。キッツビュールは、オーストリアのチロル地方に属しており、アルプス山麓付近に位置しています。街の標高は762m、年間を通して涼しい気候です。

オーストリアはヨーロッパ・アルプス周辺の国々の中でも多数のスキーリゾートを擁するスキー大国ですが、キッツビュールは人気スキーリゾートの一つであるキッツスキーエリアの中心地であり、その広大なゲレンデを目当てに、国内外から多くのスキーヤーが訪れています。

宿泊施設や飲食店が充実している他にも、カジノや高級ブランドショップ、5つ星ホテルなども立ち並んでおり、スキーリゾートとしてだけでなく高級リゾート地としての側面もあります。

キッツビュール・テニス・スタジアム

(公式サイトより)

キッツビュール・テニス・スタジアムは、オーストリアにおける同様のテニス会場の中では最も広大であり、オーストリアで開催される国際的なクレーコート大会は何年にもわたってこの会場で開催されてきました。

スタジアムには5400席の観客席があり、普通席やプレミアムシートはもちろん、イスとテーブルにパラソルがついた VIPテラス席も備えられています。

会場へのアクセスには電車がおすすめのようです。最寄り駅はキッツビュール駅で、すべての特急電車が止まります。駅から会場までは約2キロで歩くと30分ほどかかりますが、シャトルバスのサービスがあるため、駅と会場をダイレクトに行き来することが可能です。

ゼネラリ・オープン(オーストリア・オープン)の開催時期

ゼネラリ・オープン(オーストリア・オープン)は例年、8月上旬に開催されます。

ゼネラリ・オープン(オーストリア・オープン)のサーフェス

ゼネラリ・オープン(オーストリア・オープン)のサーフェスは、クレーコートです。

ゼネラリ・オープン(オーストリア・オープン)の獲得ポイント/獲得賞金

ゼネラリ・オープン(オーストリア・オープン)で、優勝者・準優勝者が獲得できるポイントと賞金をご紹介します。

ATP250

ATPツアーの中で、ゼネラリ・オープン(オーストリア・オープン)はATP250大会に含まれます。優勝者には250ポイント、準優勝者には150ポイントが付与されます。

また、2023年大会での優勝賞金は、優勝者へ85,605ユーロ、準優勝者へ49,940ユーロが予定されています。

ゼネラリ・オープン(オーストリア・オープン)のシングルス歴代優勝者

ゼネラリ・オープン(オーストリア・オープン)の、過去10年の優勝者をご紹介します。

  • 2022年-ベルト・バウティスタ・アグート
  • 2021年-キャスパー・ルード
  • 2020年-ミオミル・ケツマノビッチ
  • 2019年-ドミニク・ティーム
  • 2018年-マルティン・クリザン
  • 2017年-フィリップ・コールシュライバー
  • 2016年-パオロ・ロレンツィ
  • 2015年-フィリップ・コールシュライバー
  • 2014年-ダビド・ゴファン
  • 2013年-マルセル・グラノリェルス

ゼネラリ・オープン(オーストリア・オープン)の名場面

2019年はドミニク・ティームが優勝しました。1993年にトーマス・ムスターが自国出身選手として初めて優勝して以来、実に26年ぶりの地元選手によってもたらされた優勝となりました。

テニスベアアプリなら空きコートや練習会が楽々探せる!
アプリなら空きコート情報検索だけでなく、コート予約や大会や練習イベントに簡単に参加できます!いますぐアプリをダウンロードしよう!
カテゴリー
人気の記事
新着記事