テニスの「セット」とは?ゲームとの違いや数え方を解説

2021-11-12 更新
2021-10-18 作成
208

プロのテニスの試合を観戦していると「ゲーム」「セット」といった言葉が頻繁に出てきます。テニスのルールを知らないと「ゲーム」と「セット」の違いなどに戸惑うかもしれません。

テニス観戦をより楽しむためにも、またテニスを始めたばかりの方が迷わないためにも、基本をしっかりと押さえておきましょう。

テニスの「セット」とは

テニスは点数を争うスポーツなので、ミスをしたり決めたりすれば点(「ポイント」と呼びます)が入ります。当然、ポイントを多く取ったほうが勝利となりますが、「○点先取で勝利」とか「○分間で獲得ポイントが多いほうが勝ち」といったルールではありません。テニスの勝敗には「ポイント」を最小単位として、他に「ゲーム」「セット」も関係してきます。

「ポイント」「ゲーム」「セット」の関係性をざっくり説明すると、「ポイント」のまとまりが「ゲーム」で、「ゲーム」のまとまりが「セット」です。

「ゲーム」とは

テニスのポイントは「0(ラブ)・15(フィフティー)・30(サーティー)・40(フォーティー)・ゲーム」と数えるので、4つポイントを取ったら「ゲーム」となります。そして、先にゲームまでいったほうが1ゲームを獲得できるのです。

ただし、お互いが40-40だと「デュース」となり、どちらかが連続で2つポイントを取るまで終わりません(「セミアド(セミアドバンテージ)」や「ノーアド(ノーアドバンテージ)」の場合を除く)。

「セット」とは

「ゲーム」のまとまりが「セット」と説明しましたが、先に一定のゲーム数を取れば1セット獲得となります。プロの試合では、6ゲーム先取で1セット獲得でき、2セット(3セットマッチの大会)あるいは3セット(5セットマッチの大会)を先に取ったほうが、その試合に勝利するというルールです。

テニス大会には「ワンセットマッチ」という形式もあります。その名の通り、1セット取れば勝ちとなりますが、ゲーム数は6ゲームや8ゲームなど大会によって異なります。

テニスのルールについては、こちらのページもご覧ください。

セットの取り方

1セットの取り方について、プロの試合のルールに沿ってもう少し詳しく見ていきましょう。

2ゲーム差をつけて6ゲームを取る

6ゲーム先取したほうが1セットを取れるのですが、1セットを取るためには「2ゲーム以上の差をつける」というルールがあります。つまり、相手のゲーム数が4ゲーム以下であれば、6ゲームを先取した時点で1セット取れるわけです。

2ゲーム差をつけてセットを取る場合のゲームカウントは、6-0、6-1、6-2、6-3、6-4といったパターンがあります。

7-5で取る

ゲームカウントが5-5になった場合は、2ゲーム差をつける必要があるため、6-5でセットを取るというわけにはいきません。6ゲーム取っているほうが次のゲームを取れば、7-5となって終了です。

タイブレークで取る

6-5から6-6となった場合には「タイブレーク」に突入します。タイブレークとは短い延長戦のようなもので、どちらかが7ポイントを取るまで続けます。

タイブレークは通常のゲームと違ってサーブの入れ替わりが激しく、ルールがやや複雑です。詳細についてはこちらのページで説明していますので、ぜひご覧ください!

セットカウントの数え方・コールの仕方

セットカウント(それぞれの選手が獲得しているセット数)は、スコアでは「0、1、2、3・・・」と表記し、読み方は「ラブ、ワン、ツー、スリー・・・」です。

セットカウントをコールするときは、リードしているほうを最初に言います。「Set count 2 sets to 1」という具合です。1-1のときは「ワンオール」です。

セットの意味を覚えて試合観戦をしよう!

ここまでテニスにおける「セット」の意味を紹介してきました!しっかりと覚えてテニスの試合を観戦することで、さらにおもしろくなると思います。

また、試合後の結果を見るときも勝敗だけでなくセットカウントを見ることで、「フェデラーが勝ったけれど、ナダルも結構惜しいところまで奮闘していて、白熱した試合だったんだな」などと想像することもできます!

テニスベアアプリなら空きコートや練習会が楽々探せる!
アプリなら空きコート情報検索だけでなく、コート予約や大会や練習イベントに簡単に参加できます!いますぐアプリをダウンロードしよう!
監修
ゴンちゃん
テニスベア・アンバサダー
慶應義塾大学ではレギュラー2番手として、全日本学生テニス選手権大会や全日本大学対抗テニス王座決定試合で活躍。卒業後はYouTuberとして活躍し一躍有名に。2020年12月よりテニスベア・アンバサダーとしてテニスベアに参画。
カテゴリー
人気の記事
新着記事
おすすめの記事