【2023年最新】アスタナ・オープンのドロー表・放送日程

2023-07-05更新
3,093
監修
ゴンちゃん
テニスベア・アンバサダー
慶應義塾大学ではレギュラー2番手として、全日本学生テニス選手権大会や全日本大学対抗テニス王座決定試合で活躍。卒業後はYouTuberとして活躍し一躍有名に。2020年12月よりテニスベア・アンバサダーとしてテニスベアに参画。

ATP250の大会であるアスタナ・オープンのドロー表、開催日程(大会スケジュール)と放送予定、開催地/会場、開催時期、サーフェス、獲得ポイント/賞金、歴代優勝者、そして名場面をご紹介します。

アスタナ・オープン2023のドロー表

coming soon!

アスタナ・オープン2023の開催日程(大会スケジュール)と放送予定

2023年は9月27日(水)〜10月3日(火)に開催が予定されています。

アスタナ・オープンとは

アスタナ・オープンは、2020年から開催がスタートした新しい大会です。2020年と2021年はATP250、2022年はATP500のカテゴリーで開催されましたが、2023年は再度ATP250として開催が予定されています。

開催地 アスタナ(カザフスタン)
会場 ダウレト・ナショナル・テニスセンター
開催時期 9月下旬
サーフェス ハード
獲得ポイント 250ポイント
獲得賞金 総額1,017,850ドル(2023年)
ドロー数 シングルス:28ドロー、ダブルス:16ドロー
公式サイト https://astanaopen.kz/en/

アスタナ・オープンの開催地/会場

アスタナ

アスタナ・オープンは、カザフスタンの首都アスタナで開催されます(首都名は2019年にヌルスルタンに改名されましたが、2022年に再びアスタナという呼称に戻りました)。

アスタナは、1997年にアルマトイから遷都されたばかりの新首都です。日本人建築家による都市計画案に基づいてデザインされたその街並みは、まるで近未来都市のようで、曲線を取り入れた高層ビルや斬新なデザインの建物が多く建ち並んでいます。

日本からアスタナへの直行便はなく、アジアか中東のいずれかの国を経由して行く必要があります。時差は3時間です。

ダウレト・ナショナル・テニスセンター

(公式サイトより)

ダウレト・ナショナル・テニスセンターは、2008年当時の大統領によってイシム川のほとりに建設されました。

カザフスタンにおけるテニス育成をリードしているテニス施設の一つであり、プロツアーはもちろん地元の大会の会場として使用されるほかにも、子どもたちのためのテニススクールとしても機能しています。

ダウレト・ナショナル・テニスセンターには12面の屋外コートと、4面のインドアコートがあります。センターコートは約2,500人を収容することができます。

アスタナ・オープンの開催時期

アスタナ・オープンは例年、9月下旬に開催されます。

アスタナ・オープンのサーフェス

アスタナ・オープンのサーフェスは、ハードコートです。

アスタナ・オープンの獲得ポイント/獲得賞金

アスタナ・オープンで、優勝者・準優勝者が獲得できるポイントと賞金をご紹介します。

ATP250

ATPツアーの中で、アスタナ・オープンはATP250大会に含まれます。優勝者には250ポイント、準優勝者には150ポイントが付与されます。

また、2023年大会での優勝賞金は、優勝者へ154,815ドル、準優勝者へ90,310ドルが予定されています。

アスタナ・オープンのシングルス歴代優勝者

アスタナ・オープンの、過去の優勝者をご紹介します。

  • 2022年-ノバク・ジョコビッチ
  • 2021年-クォン・スンウ
  • 2020年-ジョン・ミルマン

アスタナ・オープンの名場面

アスタナ・オープンの名場面として、2022年の決勝戦ハイライトをご紹介します。

この年だけATP500での開催ということもあり、ジョコビッチとチチパスというトップ選手が決勝戦に上がってきました。ハイレベルな試合が繰り広げられますが、ラリーが膠着した時のポイントの取り方や仕掛けられた時の対応の仕方は、ジョコビッチの方が一枚上手だったようです。

テニスベアアプリなら空きコートや練習会が楽々探せる!
アプリなら空きコート情報検索だけでなく、コート予約や大会や練習イベントに簡単に参加できます!いますぐアプリをダウンロードしよう!
カテゴリー
人気の記事
新着記事