【初心者必見!】テニスのバックハンドの打ち方のコツ

2023-08-22更新
5,902

テニスのバックハンドは利き手とは逆側で打つため、苦手分野になりやすく、特に初心者の方にとっては体の動かし方がわからないという人も多いかもしれません。上達するためのポイントは人それぞれですが、フットワークとスイングに問題がある場合が多くあります。

そこで今回は、フットワークとスイングに焦点を当てて、特に初心者の方がバックハンドを打つときに意識すべきコツをご紹介します!

監修
ゴンちゃん
テニスベア・アンバサダー
慶應義塾大学ではレギュラー2番手として、全日本学生テニス選手権大会や全日本大学対抗テニス王座決定試合で活躍。卒業後はYouTuberとして活躍し一躍有名に。2020年12月よりテニスベア・アンバサダーとしてテニスベアに参画。

初心者向けバックハンドの打ち方のコツ①:しっかりボールの後ろに入る

まず1点目のコツは、「しっかりボールの後ろに入る」ことです。

相手がボールを打ったら、足を動かしてボールの後ろに入りましょう。

ボールの後ろに入ることは、体全体を使ってバックハンドを打つために必要なアクションです(しっかりボールの後ろに入らないと、腕を横から伸ばしてボールを打つ姿勢になり、手打ちになってしまいます)。

初めは、打点が近かったり遠かったりして安定しないかもしれませんが、ボールを打ちやすいと感じた距離感をつかみ、徐々に安定させていきましょう。

初心者向けバックハンドの打ち方のコツ②:左足の位置を決める

2点目のコツは、「左足(左利きの場合は右足)の位置を決める」ことです。

ボールの後ろに入ったら、あとはリズム良く前に踏み込みたいので、そのために必要なアクションです。

左足(左利きの場合は右足)の位置を決めるとはどういうことかと言うと、ボールとのベストな距離感を定め、打点の入り方を決めるということです。

左足(左利きの場合は右足)の位置を決めたら、あとは右足(左利きの場合は左足)で踏み込むだけにしたいので、サイドステップなどを使ってボールとの距離感を調整しましょう。

フットワークは意識するだけで変えられる部分でもあるので、しっかり意識して足を動かしましょう。そうすると常に同じ打点で打つことができるようになるはずです。

初心者向けバックハンドの打ち方のコツ③:下から上にスイングする

3つ目のコツは、「下から上にスイングする」ことです。

初心者の方にありがちなのが、ダウンスイングのためネットミスが多いというものです。つまり、ラケットが上から入ってしまっている(上から下にスイングしている)ために、ボールが直線的になってしまうことが原因です。

もちろん上から下にスイングした方が良いショットを打てる場面もありますが(例えばネット際から打つチャンスボールなど)、ストロークは基本的には下から上にスピンをかけるイメージでボールを打った方が、放物線を描いて飛んでいくため、安定したラリーを続けることができます

相手のボールが弾んで高い打点で打たなければいけない時でも、上から下にスイングせず、平行にスイングするくらいのイメージで、前に押し出すようにスイングするのがおすすめです。

下にたたきつける軌道では打たないよう、注意しましょう。

とにかく反復して基礎を固めよう!

以上、バックハンドを打つ時に意識したい打ち方のコツとして、

  1. しっかりボールの後ろに入る
  2. 左足(左利きの場合は右足)の位置を決める
  3. 下から上にスイングする

の3点をご紹介しました。

初心者の方は特に、ボールとの距離感に慣れることと体の動きを覚えることが大切です。練習は手出しで構わないので、とにかく反復練習して基本を固めていきましょう!

テニスベアアプリなら空きコートや練習会が楽々探せる!
アプリなら空きコート情報検索だけでなく、コート予約や大会や練習イベントに簡単に参加できます!いますぐアプリをダウンロードしよう!
カテゴリー
人気の記事
新着記事