【2022最新】テニスのモンテカルロ オープンのドロー表・放送日程

2022-04-12 更新
2021-03-15 作成
1944

2大会連続でアメリカ国内のハードコートで開催されたマスターズ1000は、4月に入るとヨーロッパへ、そしてクレーコートへと熱戦の舞台が変わります。マスターズで最初に開催されるクレーコートの大会がモンテカルロです。

マスターズ1000の大会は、上位30名の選手には出場義務が課せられていますが、モンテカルロ・マスターズには出場義務はありません。とはいえ、大きくポイントを稼げる大会ですので、クレーコートで抜群の強さを誇るラファエル・ナダルをはじめ、ほとんどのトップ選手が集います。

モンテカルロオープン2022のドロー表

モンテカルロオープン2022の開催日程(大会スケジュール)と放送予定

2022年大会の試合日程は、2022年4月10日(日)~4月17日(日)に開催されます。

スケジュールの詳細と放送予定は以下の通りです。

ATP 日本時間 放送予定(TV) 放送予定(オンデマンド)
予選 4/9(土)18:00    
予選・1回戦 4/10(日)    
1回戦 4/11(月)    
1回戦・2回戦 4/12(火)    
2回戦・3回戦 4/13(水) NHK BS1※中継  
3回戦 4/14(木) NHK BS1※中継  
準々決勝 4/15(金) NHK BS1※中継 GAORA※中継
準決勝 4/16(土) NHK BS1※中継 GAORA※中継
決勝 4/17(日)   GAORA※中継

※スケジュールは変更になる可能性があります。

モンテカルロオープンの概要

5月下旬からの全仏オープンに向けて始まるクレーコートシーズン。クレーコートで行われる最初のマスターズ1000がモンテカルロ・マスターズです。

開催地 ロクブリュヌ=カップ=マルタン(フランス)
会場 モンテカルロ・カントリークラブ
サーフェス クレー
開催時期 4月第3週
獲得ポイント 1,000ポイント
獲得賞金 総額:約542万ユーロ
ドロー数 シングルス:56、ダブルス:28

モンテカルロオープンの開催地/会場

大会名や会場名に付いている「モンテカルロ」はモナコの街で、クラブオーナーもモナコなのですが、実際の会場場所はフランスです。

クラブは、もともとモナコにありました。クラブの規模を拡大するごとに引っ越しをしてきたのですが、豪華なテニスコートや施設を造る土地がモナコ公国内になかったため、モナコに隣接しているフランスの現在の地が選ばれたのです。

年間を通して温暖な気候、そして風光明媚な海岸で、観光地や別荘地として有名なエリアです。会場は、青い地中海を見下ろせる高台に造られました。豪華で美しいテニスクラブと評判で、地中海リゾートを大いに満喫できるでしょう。会場内のコートはクレーが21面、ハードコートも2面あります。

モンテカルロオープンの開催時期

モンテカルロ・マスターズは例年、4月中旬に開催されます。日曜日の決勝に向けて、本戦は8日間行われます。

モンテカルロオープンのサーフェス

陸上競技場などでも使用されている「アンツーカー」という、高温焼成したレンガなどを粉砕した赤土のクレーコートです。モンテカルロ・マスターズに続いて行われる2つのマスターズ1000の大会および全仏オープンの会場も同じ素材です。

赤土には、滑りやすい、ボールが見えやすいといった特徴があります。ボールの跡がつくクレーコートでは、チャレンジシステムが採用されていません。

モンテカルロオープンの獲得ポイント/獲得賞金

モンテカルロ・マスターズで、優勝者・準優勝者が獲得できるポイントと賞金をご紹介します。

ATPツアー・マスターズ1000

ATPツアーの中で、モンテカルロ・マスターズはマスターズ1000大会に含まれます。優勝者には1,000ポイント、準優勝者には600ポイントが付与されます。また、2021年大会での優勝賞金は、シングルスが251,085ユーロ、ダブルスが50,000ユーロでした。

なお、マスターズ1000とは、男子プロテニス協会「ATP(Association of Tennis Professionals)」が運営する大会です。「グランドスラム」「ATPファイナルズ」に次ぐ格付けの重要な大会です。

マスターズ1000は、年間9大会行われます。マスターズ1000の大会には、上位30位以内の選手(コミットメントプレーヤー)は必ず出場しなければなりません(条件を満たせば、出場義務が免除される)が、モンテカルロ・マスターズには出場義務はありません。

モンテカルロオープンのシングルス歴代優勝者

モンテカルロ・マスターズの、過去10年の優勝者をご紹介します。

男子

  • 2021年-ステファノス・チチパス
  • 2020年-開催中止
  • 2019年-ファビオ・フォニーニ
  • 2018年-ラファエル・ナダル
  • 2017年-ラファエル・ナダル
  • 2016年-ラファエル・ナダル
  • 2015年-ノバク・ジョコビッチ
  • 2014年-スタン・ワウリンカ
  • 2013年-ノバク・ジョコビッチ
  • 2012年-ラファエル・ナダル

モンテカルロオープンの名場面

モンテカルロ・マスターズといえば、ラファエル・ナダルは外せないでしょう。 2005年から2012年まで8連覇という偉業を成し遂げました。その後は故障もあり優勝から遠ざかりますが、また2016年・2017年・2018年と3連覇します。

2016年のモンテカルロ・マスターズでの優勝は、マスターズ1000で2年ぶりの優勝となりました。同じ年のリオ五輪でも好成績を残したものの、シーズン終盤には再度、ケガに悩まされます。2017年は徐々に調子を上げ、モンテカルロ・マスターズで連覇した後も安定してプレーをし、3年ぶりに世界1位となりました。2018年の決勝では、錦織選手に完勝しています。

『赤土の王者』と異名を持つナダルは、モンテカルロ・マスターズで8連覇という連覇記録、11回という最多優勝の記録を残し、圧倒的な強さを見せています。ナダルの優勝回数がさらに更新される可能性は十分あります。

テニスベアアプリなら空きコートや練習会が楽々探せる!
アプリなら空きコート情報検索だけでなく、コート予約や大会や練習イベントに簡単に参加できます!いますぐアプリをダウンロードしよう!
監修
ゴンちゃん
テニスベア・アンバサダー
慶應義塾大学ではレギュラー2番手として、全日本学生テニス選手権大会や全日本大学対抗テニス王座決定試合で活躍。卒業後はYouTuberとして活躍し一躍有名に。2020年12月よりテニスベア・アンバサダーとしてテニスベアに参画。
カテゴリー
人気の記事
新着記事
おすすめの記事