【2023年最新】プルデンシャル・香港テニスオープンのドロー表・放送日程

2023-08-27更新
1,481
監修
ゴンちゃん
テニスベア・アンバサダー
慶應義塾大学ではレギュラー2番手として、全日本学生テニス選手権大会や全日本大学対抗テニス王座決定試合で活躍。卒業後はYouTuberとして活躍し一躍有名に。2020年12月よりテニスベア・アンバサダーとしてテニスベアに参画。

WTA250の大会であるプルデンシャル・香港テニスオープンのドロー表、開催日程(大会スケジュール)と放送予定、開催地/会場、開催時期、サーフェス、獲得ポイント/賞金、歴代優勝者、そして名場面をご紹介します。

プルデンシャル・香港テニスオープン2023のドロー表

coming soon!

プルデンシャル・香港テニスオープン2023の開催日程(大会スケジュール)と放送予定

2023年は10月9日(月)〜10月15日(日)に開催が予定されています。

プルデンシャル・香港テニスオープンとは

プルデンシャル・香港テニスオープンは、香港を代表する大会の一つです。2014年に21年間の休止期間を経てWTAに復活し、2018年にはWTAインターナショナル・トーナメント・オブザイヤーを受賞しました。

大会名の通り、冠スポンサーには生命保険会社のプルデンシャル香港がついており、毎年世界中から選手たちが集まります。

デモや感染症、告発問題の影響などで近年は大会中止が続いていたため、2023年は5年ぶりとなる開催が期待されています。

開催地 香港(中国)
会場 ビクトリアパーク
開催時期 10月中旬
サーフェス ハード
獲得ポイント 280ポイント
獲得賞金 総額259,303ドル(2023年)
ドロー数 シングルス:32ドロー、ダブルス:16ドロー
メインスポンサー プルデンシャル香港
公式サイト https://www.hktennisopen.hk/en/

プルデンシャル・香港テニスオープンの開催地/会場

香港

香港は、中国の東海岸に位置する特別行政区です。1997年にイギリスから中国に返還された歴史から西洋と東洋の文化が混ざり合い、国際色豊かなことが特徴です。また、世界の金融センターとしても知られています。

香港の5〜9月は蒸し暑い夏が続き、特に7〜9月は台風などで降水量が多いため注意が必要です。一方、プルデンシャル・香港テニスオープンが開催される10月はからっと晴れて過ごしやすいため、ベストシーズンとなります。

香港市内の移動にはMTRが便利です。MTRは香港最大の鉄道路線システムであり、他の交通手段と比べてもMTRは時間に正確です。目的地に一番早く到達できるようです。

日本から香港へは直行便でアクセスすることができます。時差は1時間です。

ビクトリアパーク

(公式サイトより)

プルデンシャル・香港テニスオープンは、ビクトリアパーク内のテニスコートで行なわれます。14面のハードコートを擁しており、そのうちのセンターコート1面とゲームコート2面を使って試合を進行していきます。センターコートは1982年に完成し、3,600席の観客席が備えられています。

大会開催期間中、会場は大いに賑わいます。飲食はもちろん、音楽やエンターテインメント、テニスやミニテニスができるコート、グッズ販売、コーチングクリニック、スクリーンでの試合中継、さらにはWTAのスター選手のサイン会が行なわれるなど、コート外でも楽しめるイベントが豊富に用意されています。

ビクトリアパークへは、バスやMTRでアクセスすることができます。

プルデンシャル・香港テニスオープンの開催時期

プルデンシャル・香港テニスオープンは例年、10月中旬に開催されます。

プルデンシャル・香港テニスオープンのサーフェス

プルデンシャル・香港テニスオープンのサーフェスは、ハードコートです。

プルデンシャル・香港テニスオープンの獲得ポイント/獲得賞金

プルデンシャル・香港テニスオープンで、優勝者・準優勝者が獲得できるポイントと賞金をご紹介します。

WTA250

WTAツアーの中で、プルデンシャル・香港テニスオープンは、WTA250の大会に含まれます。優勝者には280ポイント、準優勝者には180ポイントが付与されます。

また、2018年大会での賞金は、優勝者が163,265ドル、準優勝者が81,251ドルでした。

プルデンシャル・香港テニスオープンのシングルス歴代優勝者

プルデンシャル・香港テニスオープンの、過去10年の優勝者をご紹介します。

  • 2022年-開催中止
  • 2021年-開催中止
  • 2020年-開催中止
  • 2019年-開催中止
  • 2018年-ダヤナ・ヤストレムスカ
  • 2017年-アナスタシア・パブリュチェンコワ
  • 2016年-キャロライン・ウォズニアッキ
  • 2015年-エレナ・ヤンコビッチ
  • 2014年-ザビーネ・リシキ

プルデンシャル・香港テニスオープンの名場面

プルデンシャル・香港テニスオープンの名場面として、2018年の決勝戦ハイライトをご紹介します。

ヤストレムスカは序盤からしっかり足を踏み込んだ力強いストロークで、中国のエース、ワン・チャンに対して多くのエース決めていきます。

長いラリーを辛抱強くポイントにつなげた瞬間や、アングルショットを決めてマッチポイントを握った瞬間など、彼女独特のかわいらしい喜び方を垣間見ることができます。

テニスベアアプリなら空きコートや練習会が楽々探せる!
アプリなら空きコート情報検索だけでなく、コート予約や大会や練習イベントに簡単に参加できます!いますぐアプリをダウンロードしよう!
カテゴリー
人気の記事
新着記事